Close
English
English
Youtube

Yoga Tree -  ヨガツリー  -

- ヨガツリー -
Contact
Youtube
ヨガ教室検索はYOGA ROOM
David BRISSON
Yoga Worksのイメージビデオに、Yoga Treeのインストラクター古場久美子さんと生徒の吉川聡子さんが登場しています。

Blog

2000のアサナを学ぶ為のブループリント
2015.11.17 - BLOG

2000のアサナを学ぶ為のブループリント
ジャニー ジャーティネン先生の教えを振り返って

下にある写真のようなアサナを含めて、2000ものポーズを練習するというインストラクターのワークショップを開催しようと決めたとき、私は彼に何を期待すべきかまったく検討もつきませんでした。
Jani-Mayurasana-800しかし私の期待をはるかに超え、驚かされたのです。ヨガに熱中して、自身の練習が6時間を超えることもあるという彼は、素晴らしい教えを私達に提供してくれました。

10月はじめに行われたジャニー ジャーティネン先生のクラスで私が最も感銘を受けたのは二つ。自身の見事な練習をとおして培った気づきを熱心に、惜しみなく伝えてくれたこと。そして彼の教えがすべての生徒にとって解りやすく、興味深かったということです。彼の教え方は静かで、急ぐことなく、思慮深いアプローチでした。おっと、ハードだったというのを言い忘れていたでしょうか?はい、実際みんなにとってチャレンジングだったはずです。でも私達が想像していたチャレンジとは異なりました。いくつかの上級ポーズも教えられましたが、それよりも正確なアラインメントで基礎のポーズを長くホールドさせられたのです。それは、普段の私達が慣れているホールドよりもよっぽど長かったかもしれません。

実はジャニーが細かなアラインメントを教えるとは予想していませんでした。しかし彼は賢いインストラクションを繰り返し伝えることで、それぞれのポーズの深め方を自然に導きました。後に分かったことですが、彼は15年以上のアシュタンガの練習に加え、アイアンガー・ヨガのティーチャートレーニングを修了していました。

ジャニーはヨガの練習を育むために必要な要素を話してくれました。それは「正確なアラインメントで基礎のポーズを行ない、長くホールドすること。」とてもシンプルです。でも決して容易なことではありません。彼が一度興味深いデモンストレーションをしてくれたときのことです。まず座位の状態から左脚を上げ頭の後ろへと引っ掛け、右膝を曲げてから右へとツイストし、さらに右腕を右脚の前から後ろへ、左腕は背中側から前へ伸ばしてバインドしました。通常なら脚がアルダパドマーサナの状態にあるところを、その脚が頭の後ろにあるという、マリチアーサナDのヴァリエーションのようなポーズです。(すみません、写真があれば良かったんですが。) 彼はその姿勢のまま話しました。「ヨガのポーズという観点から、これは興味深いポーズと思われるでしょう。しかしツイスト本来の効果を得るという目的においては、これは良いポーズとは言えません。」そう話したところで彼は自分の脚を解放し、パリヴリッタ スワスティカーサナ(座位でのシンプルなツイスト) のデモンストレーションをしながら言いました。「ツイストを深めるテクニックを身につけるにはこちらのポーズの方が効果的です」と。

ジャニーが伝えたかったポイントは、時として「興味深いポーズ」を探究しつつやってみるべきではあるものの、ほとんどの場合において、最も効果的に強硬さと柔軟性また集中力を養うために、賢く基礎的な練習にフォーカスをあてるべきである、ということです。そしてそういった基本的な事が彼自身の練習の大部分を占めている、とも言われていました。2000ものアサナを練習する彼からそう言った健全なアドバイスを聞けるという事が私達のモチベーションにつながるのです。2016年に再びジャニーを迎えるのがとても楽しみです。

1 / 712345...最後 »
Year
Month