Yoga Tree

Tanaka Building 4F, 5-5-1 Hiroo, Shibuya-ku, Tokyo ​150-0012 Japan

ヨガツリー

〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-5-1 田中ビル4階

© 2019 Yoga Tree. ALL RIGHTS RESERVED. 

Visit us on Facebook

型にはまらない可動力
with キャリー ・オワーコ先生
2020年3月28日〜29日

内容:

この10時間インテンシブでは、キャリー先生が最新のスポーツ科学とマインドフルな実践を統合した、動きに対するさまざまなトレーニング方法をヨガの修練者からアスリートまでを対象に、知性を伴って可動域、レジリエンス、パフォーマンスを向上させることができるよう、彼女の遊び心をもった独自のスタイルで指導します。

このコースは2020年東京オリンピック会場からも近い、有明にあるDOME Corporationのジムで行われ、ユニークな会場でのユニークなプログラムとなります。

 

ヨガの修練者は新しい技術を学び、動きに関する科学が今どのように発展しているかを知ることで、練習の可能性が広がり、可動域を向上させるだけでなく、健やかさへの感性も高められることでしょう。

 

アスリート、コーチやフィットネス・トレーナーの方々は、どのようにムーブメントとマインドフルな練習がパフォーマンスそのもの、そしてマインドの状態とキャパシティを進化させながら、同時に怪我のリスクの軽減と回復力の促進につながるかが学べます。

 

可動力は柔軟性のためだけのトレーニングより深いものです。柔軟性を維持しつつ、個々の最大の可動域内で強化し運動制御を高めます。これが私たちがアクティブな可動性、もしくは私たちが実際に使える可動力と呼ぶものです。

 

最後に、私たちが運動をする時、楽しむということがどれほどバランスの保持に必要かを知る事ができるよう、遊びの要素を練習に取り入れることを紹介します。練習に楽しみを見出すことで、私たちはさらに本質的な部分でやる気になれます。このように、ありのままの個人の健康(身体的にも精神的にも)、また統合的な健やかさを考えていきます。

*日本語通訳つき

 

キャリー ・オワーコ先生について

アイアンガーのシニア・ティーチャーであると同時に、Functional Range Conditioning Mobility Specialist (FRCms・機能的な可動域と理想的な動きの獲得を主軸とする最新トレーニング)であり、IAYT認定ヨガ・セラピスト(C-IAYT。発展を続ける運動学の分野におけるパイオニア的存在で、身体の動きや遊びと脳の探究に関する本を執筆中。世界中でワークショップやコースを提供している。

スケジュール:

3月28日-29日 (土 - 日)

10:00 - 15:00 (途中短い休憩あり)

会場:

株式会社ドーム DOME CORPORATION 

 

お持ち物:

ヨガマット、飲み物/食べ物(近くにコンビニなどあまりありません)

受講料:

全2日間パッケージ: 38,500円

各日: 20,000円